じぶん大学

あなたにとって最適なコーチやカウンセラーは、あなた自身かもしれない。

2018年を五感で振り返る

 

過去を振り返らない女

 

主人が思う私の一面です。

 

子どもの幼い頃の写真を見返すこともなく

なんなら小学校の高学年くらいから現像を怠り

中学の間には現像したいと思っていたら高校を卒業しようとしています。

もう諦めます。

 

必要なら本人にやってもらいます。

 

仕事に関しても同様ですね。

 

その代り、

やりたいと思ったらやるようにし、嫌なことも向き合うことをその場でするように

しています。

 

なので記憶に留めておく必要がなくなり

どんどん忘れていきますよね。色んなことを。

 

昔からその時必要の無いことを前もって覚えることが殆どなかったので・・・

勉強もテスト前とか、受験直前とか大変です(笑)

 

以前はそんな自分をどうかなと思っていたのですが

現在は「感性系」事業者なのでこれで良かったのだと思っています。

 

AIなどが補ってくれるかな、これからは。

 

感覚への記憶は結構出来るので

クライアントさんの1年前のこととか必要な時に思い出せます。

クライアントさんがすっかり忘れてしまったことをかなり覚えています。

 

その時の言葉を正確に思い出すことはできませんが、

その時のクライアントさんの感じは思い出せます。

 

でも必要でない時に思い出すことは出来ません。残念ながら。

 

だから子どもたちの幼い頃のことは感覚を通して思い出すことができます。

あの時のあの感覚です。

 

あの可愛さ、

あの悲しさ

あの寂しさ

あの楽しさ

 

手軽に、写真を引っ張り出してこなくてもね。

 

ということで2018年の感覚を振り返ると

楽しさや面白さだったかなと思います。

 

遊園地が楽しいのはスリルや怖さがあるからです。

 

今年は新しい場所・人・コトに出会った1年で

緊張伴った楽しさや面白さを多く体験できた1年でした。

 

来年はどんな体験をできるでしょうか。

帆を立てて風を感じ進んで行きたいです。