じぶん大学

あなたにとって最適なコーチやカウンセラーは、あなた自身かもしれない。

新キャラ

 

娘が高校1年生の頃、部活動か何かで車の送迎をした時のこと。

同じ部活の友人達を乗せたことがありました。

 

「お世話になってるね。いつもありがとう。

〇〇(娘)って変でしょ~」←すでに親が言っている

 

「はい。高校の友達って大体中学の時に似たタイプの子がいるんですけど

〇〇(娘)は新キャラです。このタイプ初めてです。面白いです!」

 

 

昨日はデザイナーさんに相談する機会がありました。

 

「話し始めて2分でわかりました。白木さん、変態です。もうそれ出すしかありませんよ。それを受容れないと。」

 

「え~。変態だったらどの分野ですか?」

 

「分野はありません。白木雅代という分野です。」

 

 

クリエイターさんに言われましたよ。

同じ組合の方だと思うんですけど(笑)

 

 

大学時代クラスコンパの企画司会をしたり、卒業時の謝恩会の司会を頼まれたり、企業に入ってプレゼンしたり、自分は話すことが得意だと思っていた。

それで司会の仕事をするようになって、でも台本があって好きになれなかったし、向上心もわかなかった。

1番得意な事だと思っていたことがダメだったからすごく絶望した。もうこうなったら1番苦手なことをするしかないと思って英語を選んだ。英会話学校に就職した。」との話から変態が判明しちゃったんです。

 

勿論、その他諸々の話もありますけど。

この話が2分の頃の話。

 

変ですか?

普通の人なら、2番目や3番目を選ぶらしいです。

或いは、もっと好きなことがあるんじゃないかと探すのかな?

確かに、前に同じことをクライアントさんに言われたんですが。

 

「白木さん、やばい!」って。

 

 

30代の頃、主人に

「雅代は近所のおばちゃんなんだよ。おせっかいな人、昔はいたよね。

ごはん食べていきなさいとか、これあげるとか、それはダメだよとか言う人。

つまり近所のおばちゃんコーチなんだって!」

 

「嫌だ~!!私かっこいい感じになりたい。」と抵抗していたっけ。

 

 

でも48歳。

立派なおばちゃん。

今となっては、おばちゃんて何て自由なんだろうと思ってる次第です。

 

これから私の変わった態をどう表現していくのかな。

 

今デザイナーさんに事業をデザインしてもらう企画に参加しています。

 

 

 

f:id:zibundaigaku:20181130114633j:plain