じぶん大学

あなたにとって最適なコーチやカウンセラーは、あなた自身かもしれない。

願いは叶っている。気づいていないだけで。

 

娘達が小学生になる頃、主人は香港に単身赴任になりました。

その後も中国の長期出張、大阪、東京と続いています。

 

娘たちが父親を必要とする時期、

旦那さんとして必要とする時期に不在だったわけです。今もですけれど。

 

子育ても一人、自宅の建て替えも一人。介護生活も一人。

中々の被害者意識ですよ。

 

私はもっと自由に働きたいんだ!って。

もっとたくさん働きたいんだ!って。

 

被害者の会代表(←私一人ですけど)は結婚生活でことあるごとに加害者に惨状を訴えてきたわけです。

 

しかし加害者の会代表(←主人一人ですけど)は先日、いよいよこんなことを言ってのけたのです。

 

「自分で望んでたんじゃないの?親と住むことも、フリーで仕事をすることも。」

 

「?」

 

なんて心ないことを言いだすのか。

労うべき時に!(←今までは労ってくれていましたが)

KYか~。

 

そう思って腹が立ったのですが、

半日もすると「確かにな」と気づいたのです。

 

あかん。全部願いが叶ってる~。

 

私は自分の両親と一緒に住みたいと思ってたし(←25年くらい前)

自由に週3日~4日くらい働いて、これくらいの給料があればいいと思っていたし(←3ねんくらい前)

 

日常を味わいながら生きたいなと思っていたのです。

 

ならば「亭主元気で留守がいい」というCMが子どもの頃衝撃で覚えているところを見るとそう思っているのか?

 

願いどおりになっていたんです。

願いが叶っているからこそ新しい願いが生まれ、以前の願いが叶っている今に気づかずにいたのです。

 

今願っていることも、不足感を感じて新しい願いを持った頃には叶っているでしょう!

 

 

娘が高校3年生と2年生。

年子の子育てに、自分の時間が欲しいと願っていたあの頃。

子育てが苦しいと思っていたあの頃。

 

あの時が本当に豊かな時間だったと感じ、十分自分の時間を持てるようになりました。

 

今となっては残り少なくなった一緒に居られる時間が愛おしく、有難く、さみしくて。

娘たちが可愛いくてたまりません。

  

 

最近では娘達に面倒なことを頼まれると

「面倒くさっ。でも嬉しい。」と思っています(笑)

 

幸せとは面倒やしんどいことと共にあるものです。

 幸せな人とは「幸せだろう」という状況にある人ではなく、今ある幸せに気づける人です。

 

 

 

新しいパソコン買いました。

色々な事が変わって、混乱しています。

あ~古いパソコン使い続けられたら、そんな気持ちに何度もなります(笑)

 

でも、今までより可能なことが増えます。

面倒で、楽しみです。

 

 

f:id:zibundaigaku:20180406093905j:plain