じぶん大学

あなたにとって最適なコーチやカウンセラーは、あなた自身かもしれない。

ガセ情報

私の住む岡崎市は桜の名所です。

今、とてもキレイに桜が咲いています。

 

花火も有名で、年に2回たくさんの人が訪れます。

 

徳川家康ゆかりの岡崎城の近辺にはたくさんの屋台が出てにぎわいます。

娘たちも楽しみにしています。

 

今年は開花が早い為、屋台出店の時期とずれてしまったんですね~。

 

 

先週、次女が初めて彼を家に連れてきました。(←用事で出払っている時)

彼が岡崎に来ることを聞いて

 

「折角岡崎にくるんだからお花見に行って来たら♪」と促した私。

 

そう。

出ているか出ていないかではなく、開花の具合で言う母。(←過去47年の経験)

もう、勝手に出ているに違いない!これくらい咲いていたらと思い込んでいるのです。

 

結局屋台は全く出ておらず、寒空の中2人でアイスを食べて震えたそうです。

 

 

先日、丁度岡崎場付近を通ったので、

「よしよし屋台が立っているぞ!」と確認しておきました。

 

今日は隣町に通う次女の高校が岡崎の高校に練習試合があるということで

「みんなとお花見行ったら~、折角岡崎に来るんだから♪」

 

今度こそ挽回!!とばかりにおせっかいをやく母。

 

 

でも、屋台は立っていたけれど営業はまだだったみたいです。

車で通ったら暗かった・・・

 

 

次女はどこへ~?

まだ帰って来てないけれど。

 

 

長女に

「やばい!2回続けて変な事言っちゃった。」というと

 

「いつも間違った情報流すから~」と興味なさげにスマホをいじっています。

 

 

 

昔、小学校帰りにピアノに行く2人の娘たちの帰りのお迎えに行くはずが、レッスンに向かう時間にお迎えに行ってしまった私。

 

そんな私に娘は「ママ、帰りに迎えに来てね。」と優しく促してくれたあの頃。

 

今では軽くあしらわれています。