じぶん大学

あなたにとって最適なコーチやカウンセラーは、あなた自身かもしれない。

好きな事を続けるために

この地方の進学校(←一番手以外)は部活動と課題に日々追われています。追われているというより、追い立てられています。

 

自主性が大切にされる国立の小中学校を卒業して公立高校に進学した2人の娘。

長女が1年生の時、学習記録として提出する日々の感想の言葉を見て職員室で先生方が笑っていたそうです。

 

「高校はブラック企業です」

 

2年生になり慣れてきた長女ですが、次女は1年生。日々、葛藤しています。

「この1か月楽しかったことを思い浮かべても何も見つからなくて悲しくなった。」と。

 

もしそれで心が壊れてしまうようであれば、心を優先すべきです。

でもその子に心のチカラがあるのであれば、嫌な事をやり遂げさせたいと思っています。

 

クライアントさんにもそうしています。

 

 

冬期オリンピックが開催されています。

浅田真央さんが妖精のように私たちの目に飛び込んできたころ、スケートが本当に好きでたまらないという思いが溢れていました。

 

引退会見の中で「トリプルアクセルに声をかけるとしたら」と記者が質問したのを覚えていますか?

 

 

なんでもっと簡単に飛ばせてくれないの?って感じです。

 

 

女子で初めて成功させたトリプルアクセルは、真央ちゃんの代名詞となりました。

成功すれば大きな味方になるトリプルアクセルですが、長い間真央ちゃんをとても苦しめました。

 

好きなことを究めようと思えば、好きなことに苦しめられる時があります。寧ろ苦しんでいる時間の方が多いでしょう。

現在、冬期オリンピックが開催されていますが苦しんでいない選手はいません。

 

好きな事をやり続けられる人がいるとしたら、好きなことが与える変化を受容れられることではないかと思います。

あなたの好きなことは「色々な姿」を持っています。

物凄く意地悪な面、ドSな面もあるのです。

 

好きが嫌いになることを受容れ、喜びが苦しみになることを受容れ、そこに居続けることができること。

 

そうすれば、もっと味わい深い「好き」「喜び」を体験できる時がきます。

 

好きな事を続ける為に。

いつか見つかる本当に好きな事をやり続ける為に。

 

嫌な事、苦しいこともトレーニングに変えることができます。

ジムや激しいトレーニング、結構流行っていますよね(笑)

そちらは私にはとてもできませんけど。

 

心のジム?体験セミナーのお申込み受付中です。

女性の為のワークショップ開催! - 白木雅代のじぶん大学

 

 

 

 

f:id:zibundaigaku:20180213165902j:plain